SEOの優位性は、主に3つの要素で構成されます。それは次のものです。能動的・主体的に情報探索する人々にリーチできる。集客数や成約数が増加してもコストが変化しない。価値に永続性があり蓄積されていく。ユーザーに自分の意思でサイトを訪れてもらうこと。潜在客を教育し、見込客へと育成すること。能動的・主体的に情報探索する人々にリーチできる。ウェブはプル型の(必要な情報をユーザーが自分の意思で能動的に取得しに行くタイプの)メディアであるとはよく言われることですが、これはSEOの特長そのものです。SEOは検索者の意思に沿うことで成立するものだからです。ハイエースバンを高く売る3つの方法は?

 

例えばプッシュ型の例として、各種のウェブ広告はユーザーに望まれて表示されているとは限りません。同様にソーシャルメディア上で共有されるリンクについても、つながりのある他のユーザーが共有したものが見えるというだけのことで、表示されることとユーザー自身の能動性や主体性との間に関係はありません。

 

その一方で検索結果は、ユーザーがキーワードを入力して実行しない限り表示されることはありません。極めて能動的かつ主体的、そして個人的なものです。関心の高いユーザーに、関心が高まったタイミングで、完全に自分の意思でサイトを訪れてもらえるということは、SEOが持つ大きな優位性です。

 

集客数や成約数が増加してもコストが変化しない。露出や誘導に費用のかかる広告の場合には、集客や成約を伸ばそうとすれば広告費用もそれに応じて増加するため、単に新たな知識を得るだけの目的で検索する人々に広告を露出するのは、費用対効果の面から得策とは言えません。