早期装着をするにあたって、各社のスタッドレスタイヤを自分なりに比較してみた。注目したのは『走行性能』と『性能を発揮できる期間』そして『乾走路での走り心地』。その結果選んだのが国内タイヤメーカーで今年唯一、乗用スタッドレスタイヤの新商品となる『DUNLOP WINTER MAXX 02』。名前からして凄そうな「超密着ナノフィットゴム」はゴムの密着力を高めて走路との接地面積を増大させ、MAXXシャープエッジを増量した「MAXXグリップパターン」の採用によってダンロップ史上No.1の氷上性能を実現したハイスペックスタッドレスタイヤ・・・という謳いに惹かれたのだ。

 

例えばプッシュ型の例として、各種のウェブ広告はユーザーに望まれて表示されているとは限りません。同様にソーシャルメディア上で共有されるリンクについても、つながりのある他のユーザーが共有したものが見えるというだけのことで、表示されることとユーザー自身の能動性や主体性との間に関係はありません。

 

その一方で検索結果は、ユーザーがキーワードを入力して実行しない限り表示されることはありません。極めて能動的かつ主体的、そして個人的なものです。関心の高いユーザーに、関心が高まったタイミングで、完全に自分の意思でサイトを訪れてもらえるということは、SEOが持つ大きな優位性です。

 

集客数や成約数が増加してもコストが変化しない。露出や誘導に費用のかかる広告の場合には、集客や成約を伸ばそうとすれば広告費用もそれに応じて増加するため、単に新たな知識を得るだけの目的で検索する人々に広告を露出するのは、費用対効果の面から得策とは言えません。

 

技術の進化は凄い事、一般的に言われているスタッドレスタイヤの寿命は2〜3年なのだが、このWINTER MAXX 02はダンロップ史上一番の長寿命、4〜5年は性能を発揮できる仕様だという。